純’s blog

ボリビア小町のチャランギスタが綴るフォルクローレと雑記

【一発合格】教員採用試験に合格する方法

金曜日の夜はとっても幸せです。檸檬堂のハチミツレモンも飲んだので、ほろ酔いです。

f:id:jun_rozariodeuvas:20191206231922j:plain


昨今教員はブラックだと言われていて、本当にブラックな部分もあるんですが、子どもたちの成長を見れるとてもいい仕事だと思います。人間関係をつくるのがとても楽しくなる。


そこで今日は教員採用試験に一発で合格した私の勉強方法について紹介します。

f:id:jun_rozariodeuvas:20191206231935p:plain

その1 準備

○まずは過去問をチェック
過去問を手にいれましょう。
ネットで公開されてるので、それをダウンロードできる分ひたすらします。


○次に、どんな問題が何問出ているかを調べます。
教育関係なら教育心理2、法律2  など。
全科なら数学5、国語5、音楽3  など。


○過去問を切って、過去問参考書を作る。
過去問をノートに貼って一問一頁でつくります。
余白に関連事項も書くといいです。


○過去問を解いていまの実力を知る。
作業の中で見ている問題ですが、一度時間をはかって解いてみる。
すると自分の弱いところがわかります。



その2  演習
○一冊だけ教育教養、全科の問題集を買う

あとはこれをひたすら解くだけです。
ちなみに間違えた問題はチェック。

ここで間違えた問題がよくでる問題(自作の過去問参考書を見て)であれば、繰り返し覚えて解く必要があります。


美術や音楽など、苦手な科目も過去問参考書を見て似ているところは参考書に書き込んで覚えます。

例えば、音楽の教科書に載ってる曲名ー人が毎年出るようであれば有名どころはおさえておくなど。

f:id:jun_rozariodeuvas:20191206232011p:plain

その3 メンタル
不安になっても他の問題集に手を出さない。
スタンダードなど、分厚い問題集であれば一冊で十分です。
三回でも四回でも間違えたところをチェック→忘れたころに解くをくりかえします。

その4 面接の準備

f:id:jun_rozariodeuvas:20191206232027p:plain
年明けくらいから、一次の勉強とともに面接の準備をします。
集団面接、個人面接それぞれ対策があります。


集団面接→学校で起こるトラブルをどう解決するか、などです。事例と考え方をまとめておきます。


個人面接→自分の今までを振り返る必要があります。
面接2020みたいな自分振り返り問答がついているものがいいです。


私は文部科学省の小学校教員資格認定試験で免許を取ってるので、教育関係の勉強を始めてから二年で採用試験まで受かってます。

準備、演習、メンタルを整えるのが合格への鍵ですね